HOME>オススメ情報>運転免許があれば最も採用されやすい職種です

運転免許があればだれでも応募できる

タクシーの模型

タクシードライバーへの求人は、運転免許さえ持っていれば誰でも応募することができる職種です。本来であればタクシードライバーは二種免許がなければ仕事をすることができません。ところが、大半のタクシー会社は二種免許がなくても普通運転免許を持っていれば大方採用します。採用後に会社側が費用を立て替えるか肩代わりする形で普通自動車二種免許を取得させます。つまり、採用された側は入社時に自費で二種免許を取得する必要がありません。ちなみに、この二種免許取得中も勤務とみなされてきちんと給料が支払われます。そのため、リストラに遭って再就職先でタクシー会社が選ばれるのはこのためです。

身元保証人を立てる

タクシー乗り場

求人票を見て、タクシー会社に応募する場合、たいていのタクシー会社は身元保証人を立てるように指示します。これは、二種免許を取得する際に費用を会社側が負担します。この取得中に退社した場合に、ここまでかかった費用の請求先とするためです。普通免許があれば面接を受けられて採用されやすいタクシー会社ですが、この身元保証人を立てることができなかった場合は内定を消されることがあります。最も、二種免許でかかった費用は一定期間在籍していれば免除する会社もあります。

労働環境をよく見る

タクシーの模型

基本給プラス歩合がタクシードライバーの基本給料形態です。面接に行った際は、この歩合制度が良いところを選ぶのがとても大事です。この職種は基本給が少なく歩合で食べている仕事であり、求人票にも歩合について細かく書かれていませんので、面接で詳しく聞き出す必要があります。求人票で分かるものといえば、寮を完備しているかどうかです。大手であれば完備しているところが多く、地方から上京しても働くことができます。労働環境も詳しく調べないといけません。